APSAVDトラベルグラント

本学会では、APSAVD会議で発表される若手会員にトラベルグラントを提供いたします。このグラントは、動脈硬化学の臨床・研究を目指す次世代の人材育成を図ることを目的としています。

APSAVD2023印象記

この度は日本動脈硬化学会からトラベルグラントをいただき大変ありがとうございました。2023年9月8-9日マレーシアの首都クアラルンプールにてAPSAVD2023が開催されました。本会には今回初めて参加致しましたが、開催国のマレーシア以外にもシンガポールや中国、台湾、韓国、オーストラリア、ロシアなど様々な国から参加されており、議論も活発な活気のある会でした。アジア太平洋の動脈硬化診療にあたる先生方が一堂に集まり、最新のエビデンスをレビューし、独自の研究結果を報告する貴重な機会であり、大変勉強になるとともに、刺激的な学会でありました。
私は血管内視鏡による大動脈の動脈硬化に関する研究を発表させていただき、YIA clinical sessionにて2nd prizeを賜りました。大動脈の内視鏡画像を見たことがない先生方に、プレゼンする機会を得たことを大変うれしく思い、今後の研究につながる活力をいただきました。貴重な機会をいただきましたことに大変感謝しております。
小嶋先生 授賞式

日本大学医学部 内科学系循環器内科学分野
小嶋 啓介
 


この度マレーシアで開催されました、アジア太平洋動脈硬化学会議に参加し、ペマフィブラートのNAFLDへの影響について発表しました。とてもアットホームな学会で座長の先生や現地の先生が積極的に話しかけてくださり、和やかな雰囲気の中発表をすることができました。また、シンポジウムでは現地マレーシアに糖尿病が多いことや、食事の回数や内容が影響し、寿命が日本人よりも男女ともに10歳近く短いことなどが挙げられていました。
家族性高コレステロール血症についての各国の対策の違いや、スクリーニング検査、費用面の問題などが取り上げられており、とても興味深い内容でした。各国の状況を知ることで今後どのような研究をしてゆくか視点を変えて考えるきっかけとなりました。この度は貴重な賞をありがとうございました。今後の研究・発表に活かしてゆきたいと思います。
箱島先生
国立国際医療研究センター国府台病院
箱島 真理子

 


 
会期;2023年9月8日(金)~9日(土)
会場:Connexion Conference & Event Centre (CCEC), マレーシア、クアラルンプール
Webサイト:https://www.apsavd2023.com/
演題募集締切:2023年6月28日(水) 7月14日(金)
演題応募サイト:https://www.apsavd2023.com/abstract
 

【トラベルグラント概要】
募集期間: 2023年6月12日(月)~2023年7月7日(金)7月21日(金)延長しました。
応募資格:

  • 演題発表時に満43歳未満の日本動脈硬化学会会員
  • APSAVD会議で演題が採択されていること。採択されなかった場合は速やかに日本動脈硬化学会事務局に申し出て応募を取り下げる。
  • APSAVD会議で筆頭演者として発表を行うこと。

 

【トラベルグラントの内容】
最大3名にグラントが提供されます。
グラント金額:1人10万円
グラントは、旅行費用、滞在費用などに利用することができます。
 

PAGE TOP