学会からのお知らせ

冠動脈疾患既往患者における高脂血症治療薬 (プロブコール)の血管イベント発症の二次予防効果および抗動脈硬化作用を評価する臨床研究
PROSPECTIVE試験
Probucol Trial for Secondary Prevention of Atherosclerotic Events

本試験は2017年2月に最終症例登録の3年後をもって追跡が終了します。数多くの症例登録と、その後の追跡調査にご協力いただきありがとうございます。ここまで進めることができたのも一重にご参加いただいた多くの先生のご助力のおかげです。この場をお借りいたしまして改めて御礼申し上げます。
 ご登録いただいた874症例全てのデータにより、信頼されるエビデンスを発信していきたいと思っております。すでにメールなどでご連絡しているところですが、是非とも以下の点につきご留意をお願いいたします。



一斉転帰調査 症例報告書データ入力のお願い

本研究では、3年目の調査入力ののち、全症例における一斉転記調査を行うことがプロトコール上設定されております。お忙しいところ誠に恐縮でございますが、『全症例』について一斉転帰調査を実施いただき、症例の現況につき「一斉転帰調査」画面で症例報告書データの入力をお願いいたします。
入力締切:2017年3月31日(金) 症例報告書Web入力システム https://tr-dms.tri-kobe.org/tri/

『 ご注意ください 』
  1. 3年目の調査入力が2017年1月・2月である場合「一斉転帰調査」画面の入力は不要です
  2. 死亡、同意撤回、登録ミス以外の症例が対象です(治療中止、未来院の場合も調査をお願いします)


入力の必要な項目のご確認のお願い

データセンターでも確認しご案内等しているところですが、以下の点をご確認ください。
  1. 観察スケジュールは「登録時、登録3ヵ月後、1年後、2年後、3年後、および中止時」です。
  2. 入力いただくとすべてのポイントで「脳心血管イベントの確認」「有害事象の確認」「院内採血結果(TC、TG、HDL-C)が必要です。
  3. 頚動脈エコーは登録時、登録1年後、2年後、3年後に必要です。ご協力施設には既にCD-RWを1症例1例お送りしておりますので、すべてのポイントの画像を1症例あたり1枚に保存し3年終了後に事務局にお送りください。



PROSPECTIVE試験顧問北徹、齋藤康、松澤佑次、松﨑益德
PROSPECTIVE試験主任研究者山下静也
副主任研究者  荒井秀典、武城英明


疑問に思われることは何でもお問い合わせください
TRI運営事務局 公益財団法人 先端医療振興財団 臨床研究情報センター
TEL:078-306-1017
E-mail:PROSPECTIVE@tri-kobe.org
中央事務局 大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学講座
TEL:06-6879-3633