新型コロナウィルス感染症(COVID-19)関連血栓症に関するアンケート調査の実施報告

 日本動脈硬化学会は厚生労働省難治性疾患政策研究事業「血液凝固異常症等に関する研究」班、日本血栓止血学会と合同で 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)関連血栓症に関するアンケート調査を実施しました。

 COVID-19症例の重症化に血栓症が深く関わっていることを示唆する報告が欧米より相次いでいる中でわが国におけるCOVID-19関連血栓症の現状が十分に把握されていないことから今回のアンケート調査を実施しました。

 全国の109病院から得られた6,082症例の回答を本学会学術委員会血栓部会長の堀内久徳先生(東北大学)が中心となる上記3者からなる合同COVID-19関連血栓症アンケート調査チームが解析・検証し、まとめた報告書のPDFを公開いたします。

この度のアンケート調査に多忙な診療を極める中でご協力いただきました先生方には深く御礼申し上げます。

 このアンケート調査結果がCOVID-19関連の血栓症の診療の一助になれば幸いです。


一般社団法人 日本動脈硬化会
理事長 平田健一


COVID-19 関連血栓症アンケート調査結果報告(PDF)