コレステロール・飽和脂肪酸・トランス脂肪酸の栄養成分表示を消費者庁に要望

本学会は、食品表示基準において「脂質」に加え、「コレステロール」、「飽和脂肪酸」、「トランス脂肪酸」の義務表示を要望するため、関連9学会のご賛同を得て、2017年9月15日に岡村和美消費者庁長官に要望書を提出し受理頂きました。特に若年日本人に増加している工業由来のトランス脂肪酸摂取が将来の非心原性脳梗塞や虚血性心疾患増加の要因となること、そして外食や加工食品への依存度が急増している日本での食育の重要性を訴えました。

「コレステロール」、「飽和脂肪酸」、「トランス脂肪酸」の栄養成分表示に関する見解ならびに要望 本文(2017年9月15日提出)

ご賛同頂きました、日本栄養改善学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本小児科学会、日本腎臓学会、日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本臨床栄養学会、日本臨床栄養協会(五十音順)には厚くお礼申し上げます。


2017年9月15日、山下静也理事長、丸山千寿子栄養部会長が岡村和美消費者庁長官(左から2人目)に要望書を提出しました。




2013年4月16日阿南久消費者庁長官(当時)に「栄養成分表示に関する見解ならびに要望」を提出いたしました。
「栄養成分表示に関する見解ならびに要望」本文(2013年4月16日提出)



2013年4月16日寺本民生理事長(当時)が阿南久消費者庁長官(当時)に要望書を提出しました。