疾患 大動脈瘤、大動脈解離

●大動脈瘤
大動脈の瘤(こぶ)が破裂するまでは無症状ですが、破裂すると、激痛、ショック、意識障害、突然死などを引きおこし、急性期の手術の予後もよくありません。数日間かけてこういう症状がじわじわ持続する切迫破裂の場合もありますから、気づいたら急いで治療を受けてください。胸部(上行・弓部・下行)大動脈、腹部大動脈、胸腹部(胸と腹にまたがる)大動脈など大動脈のいろいろな部位にできます。

【大動脈の人体図】
大動脈の人体図

●大動脈解離
胸や肩、背中、腰に激痛があります。放っておくと頭部や四肢、心臓や腎臓、腸管などに血液が流れなくなってしまうので、緊急手術が行われます。脊髄の血行が障害されると、麻痺や膀胱直腸障害などを起こします。
●身体の中で一番太い大動脈の血管が破裂する
大動脈は全身に血液を送る大きな血管です。大動脈瘤は動脈硬化などで大動脈壁が弱くなり、大動脈の一部がこぶ状にふくれ上がります。大動脈解離は大動脈内膜(血管の中の膜)に亀裂ができ、そこから血液が流れ込んで大動脈の壁が二層になってしまいます。両方とも、突然、身体の中で一番太い大動脈の血管が破裂するため、突然死につながることの多い危険な病気です。
●破裂する前に大動脈瘤を見つけるには?
どちらも動脈硬化で血管がもろくなっていることが原因で、破裂するまではほとんど無症状のため、検査をしなければ発見できません。大動脈瘤破裂は動脈硬化性疾患のリスクの高い患者さんに多いので、該当する人は動脈瘤の治療実績がある医師を受診し、定期的に胸部および腹部のCTスキャンを撮影して、大動脈に異常がないことを確認するのがよいでしょう。

▲ページトップへ戻る