はじめに

 日本人の死因の第1位はがんですが、第2位、第4位の心疾患、脳血管疾患をあわせるとがんと同じぐらいの人々が亡くなっています。これら心疾患や脳血管疾患の大多数は動脈硬化が原因でおこってきます。また、心疾患や脳血管疾患は、命を落とさずにすんだ場合でも、寝たきりになったり、生活が制限されることが多く、日本人の健康な生活を守るためにはこれらの動脈硬化疾患の予防が重要であることはいうまでもありません。

 私ども日本動脈硬化学会は、国内外の研究成果を皆様の健康のために役立つように情報発信を心がけています。その一つとして、1997年に高脂血症診療ガイドラインを発表しました。2002年に動脈硬化性疾患診療ガイドラインを発表し、その後、2004年改訂版と2007年版を経て、2012年に最新版の動脈硬化疾患予防ガイドラインを発表しました。また2013年版脂質異常症治療ガイドも発表しました。このガイドラインは、日頃皆様の診療をされている医師が皆様の健康を守る上で検査の結果をどのように解釈し、治療していくかを判断する手助けとしていただいていますが、皆様一人一人がご自分の血管の健康状態を理解し、生活習慣を整えていくことが重要です。

 このホームページは、気軽にご自分の動脈硬化のおこりやすさを知るのに利用していただき、日頃の生活に役立てていただくために制作いたしました。  それでは、チェックリストからおはじめください。

動脈硬化について一緒に学びましょう! u374

動脈ちゃん

What's New