COI書類のご提出について

一般社団法人日本動脈硬化学会ではCOI(臨床研究の利益相反)に関する共通指針を策定いたしました。
本学会員、及び本学会以外の方が本学会の講演、寄稿などの諸活動にかかわる場合は申告が必要となります。
2012年7月21日から本細則は完全実施されますので、COI自己申告書を下記の申請サイトにて入力くださいますようお願い申し上げます。
詳しくは、下記の一般社団法人 日本動脈硬化学会「医学研究の利益相反に関する共通方針」の細則、をご確認下さい。

PDF一般社団法人 日本動脈硬化学会 「医学研究の利益相反に関する共通指針の細則」



日本動脈硬化学会が主催・共催の講演会のCOI自己申告について
FH疾患啓発研修会や動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版普及啓発セミナー等の日本動脈硬化学会が主催・共催する講演会等にて演題を発表される先生方は下記の「講演会発表者COI申告フォーム」をクリックいただき、過去3年間を対象期間としてCOI状態をご申告ください。

c06 講演会発表者COI申告フォーム




JAS Cohort StudyのCOI自己申告について
JAS Cohort Studyにご協力いただける会員の先生方は
「JAS Cohort StudyのCOI 申告書」をクリックいただき、過去3年間を対象期間としてCOI状態をご申告ください。

c06 JAS Cohort StudyのCOI 申告書




2017年役員などのCOI自己申告について
理事、監事、特定委員会の委員長や委員に就任されている先生方は 2017年12月15日(金)までに2014年、2015年とあわせて3年分のCOIを 自己申告くださいますようお願い申し上げます。

下記、「役員などのCOI申告書 2014年(様式3)」、「役員などのCOI申告書 2015年(様式3)」、「役員などのCOI申告書 2016年(様式3)」をそれぞれにクリックいただき、3年分のご申告をお願い申し上げます。

c05 役員などのCOI 申告書 2014年 (様式3)

c05 役員などのCOI 申告書 2015年 (様式3)

c05 役員などのCOI 申告書 2016年 (様式3)


2014年、2015年分申告につきましては申告内容に変更がない場合には 「2014年・2015年COI自己申告確認書」をダウンロードいただき必要事項をご記入の上、書類を事務局宛にご提出ください。

c05 2014年・2015年COI自己申告確認書